Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【タイマン性能特化のバーサーカータイプ】テラ's重戦車龍メガガブ

テラ's育成論  

No.1 カリブ(ガブリアス♂)

f:id:teraandgoku:20160915142237g:plain

 

⓪前置き

閲覧いただきありがとうございます

今回は初の育成論投稿となります

私が考察する第1回のポケモンは我がエース、ガブリアスとなります

しかし、ガブリアス等という誰もが認めるような強ポケの育成論等腐るほどありますよね?

よって今回考察するのはそのメガ進化した形態であるメガガブリアスとなります

 

①メガガブリアスの特徴

まずメガ進化全般に言えることですが、種族値が合計で100上がります。ガブリアスの場合は

A +40

B +20

C +40

D +10

S -10

となります。この中から大きな特徴を3つ上げましょう

・攻撃特攻の大幅上昇

このメガ進化による最大の数値上昇ステータスです。ですが、ガブの目玉であるAを見てみましょう

Aが130から170に上がることでAS陽気ぶっぱした時の実数値が222というとてつもない火力になります。

しかし冷静に比べてみると...

命玉陽気ASガブ (A238) > メガブ陽気ASガブ (A222)

という感じで玉以上の火力を出せないのにただAを上げるために貴重なメガ枠を使うのは少しもったいない感があります

・Sの低下

恐らくメガブが使われない最大の理由なのではないでしょうか?

これにより本来抜けるはずであった以下のドラゴン達に抜かれてしまいます。

f:id:teraandgoku:20160915142804g:plainf:id:teraandgoku:20160915142828g:plainf:id:teraandgoku:20160915142855g:plain

ドラゴン同士の対決では先手が取れないと致命傷、故にメジャーなドラゴン達に抜かれるのは重いと思われます。

・BDの上昇

Bが20、Dが10と少しではありますが耐久が上がります。ACの大幅上昇に比べれば大したことが無いように見えがちですが、実はこの僅かな耐久上昇により確定数がかなり変わってきます。

 

特にガブリアスは環境の中心にいることもあり、ポケモンの耐久調整や火力調整もガブリアスをメタっているポケモンも少なくありません。

そこで今回は【逆に考えるんだ...抜かれちゃってもいいさと】

と言う事で≪耐久値上昇よる確定数ずらし≫と≪攻撃力上昇によるA振りの削減≫を目的としたメガガブが誕生することとなりました

 

 

②個体情報

f:id:teraandgoku:20160901142335g:plainf:id:teraandgoku:20160915142237g:plain

カリブ(ガブリアス♂)@メガ石

【性格】腕白
【特性】鮫肌⇒砂の力

【実数値】215/160→200/137→159/85→121/106→116/134→124 ※6V

【努力値】H252 A76 B76 D4 S100

【技】逆鱗/地震/ストーンエッジ/剣の舞or大文字

今回タイマン性能を上げるために調整先に選んだポケモンは以下の4匹(+1匹)です

f:id:teraandgoku:20160915144322g:plainf:id:teraandgoku:20160915144352g:plain f:id:teraandgoku:20160901142335g:plainf:id:teraandgoku:20160915144413g:plain   +(f:id:teraandgoku:20160915151524g:plain

 

【調整】

A - 地震でH252マリルリを確2(剣舞1積みで確1)

     逆鱗でH252ローブシンを確2(剣舞1積みで確1)

HB - A特化マリルリのじゃれつく+アクジェ確定耐え

        A特化ローブシンの冷パン+マッパ確定耐え

        AS陽気ガブの逆鱗+鮫肌ダメ確定耐え

HD - 臆病CSライコウ命の玉めざパ氷確定耐え

S - 進化前最速70族抜き

      進化後最速バンギ抜き

(C -) 大文字でH252メガハッサムが高乱数1(87.5%)

        大文字でH252ナットレイが超低乱数1(6.25%)

        大文字で特防特化ナットレイが確2

 

③解説

今回のメガガブのコンセプトとしては

意地っ張りガブと同火力を維持しつつ、向上した耐久で相手の攻撃を受け止めてから返り討ちにする

と恐らくメガヘラの運用方法と似ている感じになります。

キーポイントなのは、ガブの攻撃技(特に逆鱗)は一貫性が取りやすい高火力技である故に、弱点を突かずとも高火力を複数発打ち込めればごり押せる点にあります。

その為、上記で記したような本来なら不利であるマリルリ、ローブシン、スカーフガブ等のエース級アタッカー(特に物理アタッカー)をタイプを問わず正面から返り討ちにするような戦術が使えます

しかしこの子には注意点が2つあります

ひとつは相手の攻撃を自分の全体力を使って受けてから反撃するケースが多い為、相手に素早いポケモンを複数相手にするには体力が足りないため、その場合は一匹だけを仕留める事に専念した方が良いです

もうひとつは特殊耐久に関してはめざパの受けられる範囲は大きく増えますが、物理耐久と違ってサザンドラの流星群等を受けられると言う事はないのでそこは過信しないよう気を付けてください

臆病CSサザンドラの流星群→確1(104.1%~123.7%)

 

④まとめ

メガガブは追い風や砂嵐等と合わせたりすると無双性能が高くなると言われがちですが、サポートがなくともこのように耐久に振ることで相手のエースとのタイマン戦に強くなるといったまた違った強みを出せる事を見せたく今回の記事を投稿させていただきました。

この様に多少発想を変えるだけで倒せるポケモンがガラッと変わるような子をこれからは紹介していきたいと思います

それではここまで閲覧いただきありがとうございます

ではでは